remastersysのベースを何にするか?

KOF2010で結構言われたのは
ベースがUbuntu??ってこと。
debianじゃないんですかと…
どうもUbuntuよりはdebianユーザーグループのほうが濃い感じがするし、Ubuntuに慣れてしまっていたので敢えてdebianは避けてきた。
まぁでもremastersys自体、双方に対応していてdebianのほうがバージョンが高かったりするし、UbuntuはXからWaylandに移行なんて記事もあるので、debianでremastersysしてみた。
Ubunutuが特殊なのに慣れてしまっているので、どうもdebianに入ると勘が狂うが理屈は同じなのでGnomeデスクトップのアプリレス環境を作成。
なんと365Mに収まってる。(Ubuntuより70Mほど小さい)
Gnomeのバージョンが古いから小さいのかな?ちょっと書体が不細工ですが、まぁCD-ROM内に収まるにはOS自体は小さければ小さいほどいいので、Ubuntu同様ベースとしてdebianも作成することにしようかと思います。
またOpenSUSEやRHELなどのインストールの話などもあったので、他のディストリビューションのLiveCD制作環境も調べてみないといけませんね。検索しても出てこないってことはあまり誰もしてないのかな?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中