FON_FREE_INTERNET-relay

fonのフリーアクセスポイントのエリアを延長するためにfonをDD-WRT化した機械をfonイーサネットコンバーター(子機)兼APとして設定してみた。
うまくいったようだ。
これで自宅近くの弱いFON_FREE_INTERNETの電波を途中で増幅して(外に中継器を置いて)自宅でフリーインターネットできる。
また中継器は5Vなので、ENELOOPの5V出力する商品などを利用すれば、一時的に外に置くこともできる。
DD-WRT化したfon(2100)をお持ちの方は、こちらから設定をダウンロードして試してみてください。

広告

dd-wrt

昨日作ったイーサネットコンバーター兼無線リピーター?をテスト。
1Fのfonのプライベートネットワークにイーサネットコンバーターを接続し、別のSSIDで2Fにて再発信。これで2Fの無線クライアントは高出力の無線接続ができる。
あとはコンバーターと1FのAPの位置関係の設置場所をどこにするか….

無線LAN設定

無線LAN設定にはまる。

左の無線USBはクライアント設定。右のfonはDD-WRTにファーム書き換えたfonの様でfonでないモノ。
USB無線から右側のfonを中継してアクセスポイントにつなぐので、アクセスポイントからの距離を倍にできる?
1Fにアクセスポイントがある場合、2Fにこのfonもどきを置いておけば、直接1F-2Fのアクセスをするよりいいポイントで中継できる。どれぐらい距離が伸びるかもテストしてみたい。
あとこのfonもどき。USBから電源取ってみた。ちゃんと問題なく動作しています。